事業概要

トップページ > 事業概要 > 新病院整備事業

事業概要

新病院整備事業について

私たち愛媛ホスピタルパートナーズは、「愛媛県立中央病院整備運営事業」を愛媛県より受託いたしました。この事業は、PFIという手法を用いて愛媛県立中央病院の建て替えを行うとともに、建て替え後20年間の運営を行うもので、愛媛ホスピタルパートナーズは、この事業のために設立された特別目的会社(SPC)です。

2009年(平成21年)1月から一部建物の解体工事が始まりました。2010年(平成22年)6月に新病院の建設工事に着手し、2013年(平成25年)に新病院の診療棟が完成しました。2014年(平成26年)12月に全ての工事が完了し、グランドオープンしました。

新病院の診療棟には、救命救急センター機能と周産期母子医療センター機能も集約されました。全ての利用者にとって利便性・安全性の高い病院を目指し、日々の業務に取り組んでおります。

新病院(左)と旧病院(右)

敷地北西側からの完成予想図

※2013年5月撮影